バレーボール大好き管理人がちまちまと書き綴るバレー大好きブログ。リーさん大好き。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

WGPベンチ入り12名予想

妙なハイテンションでWGPのベンチ入り12名を予想しよう!
管理人、バレーに関してはド素人なので戦術云々を述べても詳しい人からみたら「は?」と言われそうで怖いけれど、まあ、素人なりの直感で。

セッターとリベロ(レシーバー)は当然全員残る。これで4。MBは荒木絵里香選手と庄司夕起選手、多治見麻子選手が残ると思う。これで7。WSは高橋みゆき選手、木村沙織選手、栗原恵選手。これで10。残りは2つ。
残り2枠を考える前に、今年の柳本JAPANの布陣を考えなくてはいけない。つまり、オポジットには誰が入るのか?

オポジット、セッター対角のポジションは柳本JAPAN発足当初から高橋みゆき選手のものだった。4年前のWCで、当時のWSの人材の豊富さから、レシーブ力を買われ、ライトに入ったとみるのが正しいだろう。柳本監督がシンさんとトモさんでライトを競わせたというのは有名な話。
で、なぜ今、そのライトが問題になるのか。
今年の全日本招集時より、実しやかに囁かれているのが、MB3枚起用、そのうち1枚をオポジットに配する、だろう。招集されたMB陣の多さや世界的潮流がそうさせる。
オポジットを従来の「ライト」ではなく、「SA」的ポジションにするとき、そこに入る選手に必要なのはとりあえずバックアタックを打てる能力。WGP登録MB6名のうち、バックアタックが打てるのは荒木選手と大村選手。昨年の実績と竹下佳江選手のトスとの相性を考えたら、荒木選手がこのポジションに入るのが現実的。本当なら、このポジションの選手にもレセプションに参加してもらって、4枚キャッチが理想なのだが、それはどうか。但し、柳本監督は「Bキャッチからでも攻められるように」したいと考えているようなので、レセプションは従来どおり3枚でいくのかも。
本来なら、オポジット選手にはレシーブ力も要求されるが、今回WSで招集された栗原・小山両選手と比較したら、荒木選手のレシーブ力でも十分対抗できるのではないか。レセプションには参加せず、ディグもメインは佐野・竹下・高橋・木村選手の4名。
荒木選手がオポジットに入るなら、センターは杉山祥子選手と庄司選手・多治見選手を両方試すかも。というか、ぜひ試して欲しい。今年のセンター線はブロードではなく、Bクィックを多用したい心積もりのようなので、杉山選手が外れて、庄司・多治見のパイオニアセンターラインがみられるかも。
で、そうなると、WSのポジションはレフトに2枚を残すのみ。これはもう、高橋みゆき選手と木村沙織選手しかない。レセプションを考えたら。そうすると、栗原恵選手は荒木選手の控えということになる。
木村庄司荒木
竹下多治見高橋
佐野
こんな感じ。
こうなったときの一番の問題は、ブロック・・・。竹下多治見高橋のローテができてしまう。でも、このメンバーではこれが一番ましな並び。

さあ、この辺で現実を見よう。
第一条件として、高橋選手・木村選手を外すことはできない。攻撃もそうだし、なにより、レセプションはこの2人がいないとどうにもならない。まさか佐野選手と高橋木村のどちらかで2枚キャッチなんて恐ろしいことはできないだろう。
また、ディグに関しても、この2人は必要だし、竹下選手がファーストタッチをした場合につなぎ・トスではこの2人以上の安定感は誰にもない。

高橋荒木木村
栗原杉山竹下
佐野
これが従来から考えるともっとも妥当な形だけれど、これでは、各国にデータがありすぎて、通用しない気がする。
高橋荒木竹下
栗原杉山木村
佐野
これが一番現実的か。高橋荒木竹下のローテは前衛も後衛も全員攻撃参加(スギさんと交代のリョウさんはもちろん除く)ができるから、1回で回す。2枚目のセンターは杉山選手でなく、庄司選手か多治見選手の可能性も。それと、荒木選手が止められたときもそのふたり。杉山選手は速いけど、ブロードを多用しないなら、つなぎの面で貢献できる他の選手に分がある。

本題に戻ると、12名残り2枠はひとつを杉山選手。もうひとつを小山選手。だと思う。万が一に備えてWSの控えは必要だしね。↓こんな感じ。

栗原竹下板橋高橋多治見杉山荒木木村小山佐野庄司櫻井

柳本監督がセンター控えをワンブロ以外使わないつもりなら、庄司選手が外れて、大村選手が入るか。
庄司選手、全日本はエリツィン杯しか観てないけど、落ち着いていていい感じだった。Vプレミアで棚からぼた餅的にスタメンになって、全日本に選出なんてラッキー・ガール。実力は十分。ぜひ、コートに立つ姿を見たい。
ちなみに、私の庄司選手のイメージは今年の黒鷲の準決勝JT戦ときに見た、サーブ打った後の後姿。右腕上がってる状態の静止画がなぜか脳内にインプットされてる。試合そのものは辛すぎて思い出したくないけれど。
スポンサーサイト
[ 2007/07/29 23:33 ] 全日本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

じょんた

Author:じょんた
熱狂的バレーファン。江口理代選手、高橋みゆき選手、成田郁久美選手、竹下佳江選手が特に好き。

注意事項
当ブログのすべての文章・図表・画像の転載・転用を禁じます。
ご用の方は

名前:
メール:
件名:
本文:

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。